交通事故に多い後ろから追突するケースとトラブル防止の心得

交通事故の中でも車両同士の事故は前方の車両に後ろから追突するケースが多数を占めます。後ろからの追突は加害者側に責任の殆どがかかるため、事故後の賠償額の計算は簡潔に済む傾向があります。その一方で被害者側の医療費請求など、加害者側にかかる負担が大きくなるのも後ろから追突する交通事故の特徴です。

事故によるトラブルを避けるために必要な安全運転の心構えを学びましょう。


車両同士の交通事故における責任の割合

道路上で生じる車両同士の交通事故は被害者側の車両に後ろから追突してしまうケースが多数を占めます。交差点などで停止している車両に追突する他、前方を走行している車両が急ブレーキをかけることで事故が起きてしまうことがあります。

また、水濡れや凍結など路面の状態が悪いと追突事故が起きるリスクが増大するので、走行中は車間距離の維持や路面の確認が必須です。特に車間距離は前方の車両のスピードに合わせて調整することが事故防止の重要な条件になります。

車両同士の交通事故は被害者と加害者の双方に事故の責任がかかるのが普通ですが、後ろからの衝突の場合は殆どの場合で加害者側にすべての責任がかかります。前方の車両が不用意に急ブレーキをかけるなどの特別な原因がある場合は被害者側にも責任が発生しますが、事故の状況から被害者側の責任を確認するのは困難です。

そのため、後ろから追突した車両事故では加害者側の責任が重視されたうえで保険金の支払いなどの手続きが進みます。

走行中の車両の後部に追突してしまう原因の詳細

車両事故の中でも前方の車両に後ろから追突する事故は双方の車両が走行中に起きることもあります。被害者と加害者が同じ方向に走行していながら後ろにぶつかってしまうのは双方の車両の速度に違いが生じるのが原因です。

車両の速度はブレーキペダルを踏むことで減速しますが、クラッチ操作でエンジンブレーキを効かせることで減速させることが出来ます。エンジンブレーキは車体後部のブレーキランプが点かないので、後方を走る車両からは減速していることが分かりにくいのが特徴です。

そのため、気づかないうちに車間距離が狭くなりすぎてしまい、追突するリスクが大きくなってしまいます。また、車両の追突事故は路面の状態も大きく関係します。車間距離を十分に取っている場合でも、路面に水濡れや凍結が生じているとブレーキが効きにくく、追突する可能性があります。

未舗装の砂利道もブレーキが効きにくいので車両の接触や衝突に見舞われる可能性があります。後ろからの追突事故は車間距離に余裕を持たせて減速に努めることで回避することが出来るので、日頃から安全運転を心がけることが大切です。

追突事故のトラブルの詳細と予防の心得

自動車事故の中でも後ろからの追突は被害者側が受ける身体ダメージが大きい傾向があります。交通事故で多く見られるむちうちや捻挫などの不具合は後ろからの追突事故で生じることが多いので注意が必要です。万が一交通事故に見舞われた場合、速やかに医療機関で検査を受けて体調不良の有無を確認するのが事故後のトラブルを避けるための工夫です。

交通事故による体調不良は日数が経過した後で生じることも多いため、事故直後はうやむやにせず適切な対処を取ることを心がけます。交通事故による体調不良は後日になって生じることが多い他、客観的な証明が難しい問題があります。

事故現場では不具合の有無を判断することは非常に困難なので、素人判断は絶対に行ってはいけません。体調不良などのトラブルの解決は時間がかかるので事故現場での口約束や念書の作成は行わず、保険会社同士の交渉に任せるのが無難です。

交通事故による保険金支払いの内訳と注意点

交通事故に見舞われた場合、加害者が加入している保険から補償金が支払われます。後ろから追突した事故のように加害者側にすべての責任がある場合は車両の修理や乗員の治療費の全額が加害者側の保険から支払われるのが普通です。

しかし、近年では保険に未加入の車両による交通事故が増加していることから、万が一の際に治療費が支払われないトラブルに見舞われる可能性があります。そのため、被害者の側も保険未加入の車両事故への補償プランが付いている保険に加入しておくことが大切です。

車間距離を十分に取る工夫

車両への追突事故は車間距離を十分に取ることで防ぐことが出来るので、運転中は前方の車両との距離に気を配ることが大切です。高速道路などスピードを上げやすい道路ではブレーキが効く制御距離が長くなりやすいので、より余裕を持たせた車間距離を保つように心がけます。

前方の車両との距離を保つためにはスピードと距離感の関係を把握することが重要になります。車両の速度が上がると周囲の風景が早く後ろに下がるので目の錯覚が起きやすく、前方の車両との距離が実際より長く取られているように見えます。

そのため、前方の車両が減速した際の対処に遅れやすくなり、追突事故を起こす危険が増大してしまいます。車間距離を十分に取る他、車両のスピードを出し過ぎないように気を付けるのが安全運転に必要な心構えです。車両との距離感は視界の広さも関係しているので、社用車の運転など複数の車両を乗り換える環境にいる場合は車両ごとの最適な車間距離を正しく把握するのが事故予防に繋がります。

追突事故への補償が充実している保険の選び方

自動車保険は車両事故をはじめとする交通事故全般を対象とした補償金を支払う保険サービスです。同じ自動車保険の名称でも会社ごとに補償の内容が異なるので、加入の際は自身の運転スタイルに合致した補償を手掛けている所を選ぶのが安心してドライブを楽しむ秘訣です。

車両事故への補償については加害者側の責任が大きくなるほど保険金の支払い額も多くなるのが普通です。そのため、加害者側にすべての責任がかかることが多い、後ろからの追突事故に対応出来る補償内容の保険を選ぶのが万が一の事故に見舞われても十分な補償を得るための条件になります。

近年では複数の保険会社を比較して、より安価な掛け金の保険プランを選ぶ人が増えていますが、掛け金を安く抑えられる一方で極端に安価な保険は事故の際に十分な補償が受けられないことがあるので注意します。事故の内容によっては保険金の支払い対象にならないケースもあるので、掛け金が割高であっても補償が充実している保険プランを選ぶのが事故後のトラブルを予防するための大切な心得です。